猫でもわかるファッションカラーの合う色合わない色【色彩編】

Sponcsored link

○○と○○が合う!とよく聞くけど、なんで合うのか分からない。そんで覚えられないから、自分でコーディネート考えられないんだよ!

悲痛の叫びをあげている方のために、超簡単な色の具体的な組み合わせ方を紹介していきます。

【必要なもの】
①3分
②ほんのちょっとの真心

これで十分。
画家であれば、海よりも深い色への探求心が必要なんでしょうが、我々は水たまり程度で結構です。のちのち、ファッションを自分なりに考えながら、水たまりを広く深くしていけばいいんですよ。

ファッションカラーで大事なマンセル色相環

マンセル色相環画像反対色
マンセル色相環。化学っぽい名前ですが、色の輪なんだなーでいい。

大体この「マンセル色相環」を用いて説明していきます。身構えなくても大丈夫。かなり簡単な話です。

黒・白・グレーがありとあらゆる色に合う理由

ファッションカラー

これは、青の色の移り変わり。
横は明るさ、縦は鮮やかさ。
明るくするほど、白に近づく。
暗くするほど、黒に近づく。
鮮やかさをなくすと、グレーに近づく。

これは、赤、緑、黄、紫などどんな色でやろうとも同じです。

これが表わすのは、
白と黒はあらゆる色の同系色みたいなもの!だってことです。

その結果、白や黒やグレーは、どんな色とも合わせやすいんです。

分からないなら
白グレー黒はどんな色とも合うんだなーと割り切ってしまってください。

同系色とかいうファッション上良く合う色

ファッションの同系色
近い色が同系色です。ここの色の相性はいい。

マーセル色相環画像4

もちろん、このように色を薄めたり、濃くしたりしたものも同系色です。距離が近い物は相性がいいし、合わせやすいと覚えておいてください。

反対色(補色)とかいうファッション上良く合う色

マンセル色相環画像

赤なら青緑
青なら橙(オレンジ)
緑なら紫

このように、180度反対にあるのが反対色です。アクセントを付けるときなどに非常に有効な色の組み合わせです。

しかしファッションであれば、完全な補色とまではいかなくても、180度の隣りの色(赤なら青と青緑と緑)までを補色として考えてしまうのがいいでしょう。

距離が遠い物もまたお互いに色が映えるので相性がいいと言ってもいいでしょう。

反対色を使うときの注意

「お互いに色が映える」ということは、

同じ程度でぶつけると、色が喧嘩をしてしまうということです。

例えば、赤のアウター、青緑のパンツ。間違いなく喧嘩してしまいます。

喧嘩しないようにするには、
①緩衝材を挟む
②程度を変える
この2つの方法があります。

①緩衝材を挟む

間に、白か黒、グレーを挟んでみてください。

2015y03m20d_152157479
http://www.naigai-p.co.jp/chokichoki/

赤シャツと青緑のパンツ。大きいアイテム同士ですが、喧嘩していません。これは、間に、白シャツを挟んでいるからです。何気なくしているところが非常にオシャレですね。

さらに実は、靴も赤。しかし赤の靴の範囲はパンツに比べると非常に狭く程度が違いますね?「②程度を変える」をやっています。だから喧嘩しないで映えるんですよ。

②程度を変える

程度とは
①範囲の程度を変える
②色の程度を変える

この2つ。

【①の範囲の程度について】
靴とパンツとかにすればいいのです。パンツとベルト、ベルトとトップスなどでもいいかもしれません。他にもジャケットとネクタイ、ジャケットとスカーフ、などなどいくらでもあります。これがいわゆる挿し色というやつですね。

【②色の程度を変える】
例えば、青緑は原色そのままに、赤をワインレッドにする。

逆に色を水で薄めていくのもいいかもしれません。他にも少しグレーに近づけてみたりする。このように色の程度を変えてみてください。喧嘩は同程度の間でしか起こらないものです。

これは止めとけよな、色の組み合わせは90度

マンセル色相環画像反対色

有名なもので言えば、紫とオレンジです。この2色は合わないと言われている色ですね。

なぜ90度はダメなのか?
今までは、距離が近い物と遠い物の相性がいいという話をしました。

90度は、遠くもなく近くもないからダメなんです。

互いに主張することもなく
互いを強調してくれるわけでもなく
互いが相互混じり合うわけでもなく

どっちつかずな関係、それが、90度というものです。アクセントでは到底使うこともできません。遠い色だからこそ、アクセントとなってくれる。

器用貧乏でどっちつかずで優柔不断、ダサい!とはならないが、絶妙なカラーバランスだ!ともならない、そんな色の組み合わせが90度だと思っています。

絶対ダメとは言いませんが―――

せっかく遠い色を使おうと思っているのであれば、150度180度210度という位置にある色を使ってみてはどうでしょうか?

そっちの方がずっとオシャレですし、アクセントもメリハリも効いていて見ている方も気持ちがいい。その上決まった時に来ている方も気持ちがいいと来ているなら、やっぱりちょっと勿体なくないですか?

Sponcsored Link